Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」のセキュリティアップデートが公開 - 脆弱性19件を修正

Oracleは、19件の脆弱性を修正した「Java SE」を公開した。「CVSS v2」のスコアが「10.0」の深刻な脆弱性も4件含まれる。

四半期ごとに公開している同社製品の定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」として公開したもの。今回修正した19件のうち、14件は認証を必要とせず、外部から攻撃が可能となる脆弱性だった。また共通脆弱性評価システム「CVSS v2」でスコアが「7.0」以上の「レベルIII(危険)」とされる脆弱性が6件ある。

影響を受けるのは、「同8 Update 25」「同7 Update 72」「同6 Update 85」「同5.0 Update 75」およびエンベデッド版の「同8 Update 6」「同7 Update 71」。以前のバージョンも含まれる。

同社では脆弱性を修正した最新版を公開。同社やセキュリティ関連機関では、最新版へのアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性