Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Adobe Flash Player」のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性4件を修正

Adobe Systemsは、4件の脆弱性を修正した「Adobe Flash Player」の最新版を公開した。パソコンやAndroidなど全プラットフォームが脆弱性の影響を受けるという。

20140409_as_001.jpg
セキュリティ更新を公開したAdobe Systems

今回の更新は、メモリ破壊が生じる「CVE-2014-0506」「CVE-2014-0507」をはじめ、セキュリティ機能がバイパスされる「CVE-2014-0508」、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-0509」を修正したアップデート。

同社は、「Windows」および「Mac OS X」向けに最新版となる「同13.0.0.182」を提供。最新版へアップデートできないユーザー向けに「同11.7.700.275」を用意した。

「Linux」向けの最新版は「同11.2.202.350」となる。「Chrome」や「Internet Explorer」に同梱されているプログラムについては、それぞれのアップデートで対応し、「同13.0.0.182」を提供する。

また「Android」向けに「Adobe AIR 13.0.0.83」を公開。「Windows」や「Mac」向けにも「Adobe AIR SDK」の同バージョンを提供する。

今回のアップデートについて適用優先度を見ると、「Windows」や「Mac OS X」「Internet Explorer」や「Chrome」などのプラットフォームについては、3段階中もっとも高い「1」にレーティング。72時間以内のアップデートを推奨している。それ以外のプログラムについては、3段階中もっとも低い「3」に設定した。

(Security NEXT - 2014/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正