Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、XP最後の月例パッチを9日に公開予定 - Wordのゼロデイ脆弱性にも対応

日本マイクロソフトは、4月9日に月例セキュリティ更新プログラム4件を公開するとの事前予告を発表した。ゼロデイ攻撃が発生している脆弱性の修正を予定しているほか、「Windows XP」と「Office 2003」にとっては最後のパッチ提供となる。

4段階中もっとも深刻とされる「緊急」にレーティングされているのは、「Windows」および「Internet Explorer」「Office」向けのプログラム2件。いずれも、脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

のこり2件は、4段階中2番目に高い深刻度「重要」に設定されており、いずれもリモートでコードが実行される脆弱性に対処したもの。

今回のアップデートでは、ゼロデイ攻撃が発生している「Word」の脆弱性「CVE-2014-1761」を修正する予定。

また「Windows XP」と「Office 2003」については、今回の月例パッチをもってサポートが終了となる。今後はセキュリティ更新プログラムは提供されず、脆弱性の修正が行えなくなる。

(Security NEXT - 2014/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応