Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本産廃処理処理振興センターのサイトが改ざん - 閲覧で偽セキュリティソフト感染の可能性

日本産業廃棄物処理振興センターのウェブサイトが改ざんされ、閲覧により偽セキュリティ対策ソフトに感染する可能性があったことがわかった。

同センターによれば、ウェブサイトに対して外部から不正アクセスが行われ、同サイトの「新着情報」や「お知らせ情報」の一覧ページ、講習会や研修会の関連ページが改ざんされたという。

問題のページを閲覧すると、利用者の環境によっては偽セキュリティ対策ソフトの亜種「TROJ_FAKEAV.SMW3」に感染するおそれがあった。感染すると「System Care Antivirus」が立ち上がり、ほかのソフトの操作ができなくなるという。

同センターでは、5月17日に改ざんされたページの修復をすでに終えており、心当たりがある利用者に対してウイルスの駆除など対策を実施するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2013/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市