Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本産廃処理処理振興センターのサイトが改ざん - 閲覧で偽セキュリティソフト感染の可能性

日本産業廃棄物処理振興センターのウェブサイトが改ざんされ、閲覧により偽セキュリティ対策ソフトに感染する可能性があったことがわかった。

同センターによれば、ウェブサイトに対して外部から不正アクセスが行われ、同サイトの「新着情報」や「お知らせ情報」の一覧ページ、講習会や研修会の関連ページが改ざんされたという。

問題のページを閲覧すると、利用者の環境によっては偽セキュリティ対策ソフトの亜種「TROJ_FAKEAV.SMW3」に感染するおそれがあった。感染すると「System Care Antivirus」が立ち上がり、ほかのソフトの操作ができなくなるという。

同センターでは、5月17日に改ざんされたページの修復をすでに終えており、心当たりがある利用者に対してウイルスの駆除など対策を実施するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2013/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性