Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「Mac OS X」のJavaをアップデート

Appleは、「Mac OS X」に含まれるJavaの脆弱性を解消するアップデートを提供開始した。

今回公開した「Java for Mac OS X 10.5 Update 8」では6件の脆弱性、「Java for Mac OS X 10.6 Update 3」では4件の脆弱性に対応。サンドボックス外でJavaアプレットが実行されたり、任意のコードが実行される脆弱性を解消した。

「ソフトウェア・アップデート」や同社ウェブサイトからダウンロードし、アップデートすることができる。

(Security NEXT - 2010/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性