Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」亜種で2週間にわたり改ざん状態に - 日本マーケティング・サイエンス学会

日本マーケティング・サイエンス学会(JIMS)のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

同学会によれば、サイト制作担当者のパソコンが「Gumblar」亜種に感染したことによりアカウント情報が盗まれ、不正アクセスによりウェブサイトが改ざんされたという。

今回の改ざん被害で3月14日から3月31日にかけて不正なコードを埋め込まれた状態となり、閲覧した場合、不正サイトに誘導され、ウイルスへ感染するおそれがあった。

ウェブサイトはすでに修正が完了しているが、同学会では利用者に対して、ウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
取扱販売店検索サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - コクヨ
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
香水通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害