Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、定例外でセキュリティ更新プログラム2件を公開

マイクロソフトは、定例外となるセキュリティ更新プログラム2件を、7月29日に公開する予定だ。

そのうち1件は、「Visual Studio」に関するもので深刻度は「警告」。リモートでコードが実行される脆弱性へ対応する。

さらに同社では、「Visual Studio」の脆弱性に関連した「Internet Explorer」の脆弱性を解消するプログラム1件を用意。リモートでコードが実行される可能性があり、こちらについてはより深刻度が高い「緊急」に設定している。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2009 年 7 月 (定例外)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-jul-ans.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開