Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHK、所在が不明だった個人情報含む視聴者一覧表を発見

NHKは、集金業務を委託している個人事業者が、訪問先の視聴者リストを紛失したと1月24日に発表したが、同日に紛失した書類の発見を再度発表した。

大阪放送局の業務委託先が、1月20日に氏名や住所など、126人分の個人情報を記載した一覧表2枚を紛失したもの。NHKは24日に事故を公表したが、同日15時30分ごろにリストが発見され、再度アナウンスを行った。

(Security NEXT - 2008/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省