Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合で個人情報の誤表示や誤決済が発生 - WiNDy ONLINE

パソコン関連製品の販売を行うソルダムは、同社が運営する「WiNDy ONLINE」においてシステム障害が発生し、個人情報の誤表示やカードの誤決済など不具合が発生したと発表した。

10月4日から10月11日にかけて関係ないほかの顧客情報が表示されたり、顧客情報が書き変わるなどシステムに障害が生じたもの。同社によると、利用者の氏名や住所、電話番号、メールアドレスが、別の利用者に表示されるケースが16件あり、そのうち5件では異なる顧客のカード番号で決済が行われたという。また決済方法が変更されてしまうケースも6件確認された。

不具合の原因は、プログラムのバグによるセッションIDの重複で、同社では、不具合判明後にシステムの変更を実施したという。また不正アクセスや運用上のミスによる情報漏洩は発生していないと説明している。

同社は、今回の事故に関連する顧客へ個別に対応するほか、注文を行った全員の顧客に対して内容の確認を依頼するなど対応を行っている。

ソルダム
http://www.soldam.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に