Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アフラック代理店が15万人分の個人情報を紛失 - 電車内で盗難

アメリカンファミリー生命保険の代理店がパソコンを盗まれ、15万人分の個人情報を紛失していたことがわかった。

新宿区の同社代理店であるツーサンの従業員が7月17日に電車内で置き引き被害に遭い、パソコンを盗まれたもの。同パソコンには保険証券20万4716件、15万2758人分の氏名や住所、生年月日、契約内容など個人情報が保存されていた。

アフラックによれば、診療情報などセンシティブ情報は含まれていなかったという。またパソコンは暗号化対策が実施してあり、第三者による閲覧は困難と説明している。同社では警察へ被害を届け、関連する顧客へ事情説明や謝罪する文書の送付など対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も