Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード利用控えを配送委託先が紛失 - イタリアンレストランチェーン

WDIは、同社が展開するレストランチェーンで利用されたクレジットカードの利用控えを委託先が紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、カプリチョーザなんばダ・オーレ店において2007年3月1日から10日までに利用された58件の利用控え。カード番号や有効期限など個人情報が含まれているという。

同店から本部へ利用控えを送付したが、委託先である佐川急便において袋が破損、そのまま所在がわからなくなったという。外部へ持ち出された形跡はなく、不正使用などの報告もないとしている。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大