Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny経由で顧客リストや社員情報が流出 - VSN

技術者の人材派遣事業などを手がけるVSNは、従業員宅の私用パソコンから顧客情報や社員の個人情報などが外部へ流出したと発表した。

今回の情報漏洩は3月27日に発覚したもので、2006年に作成されたファイルがウイルスに感染した従業員のパソコンからWinnyネットワーク上へ流出。法人顧客332社の名称や所在地のほか、社員の氏名や所属、一部メールアドレスなど、1589名分の個人情報が含まれる。

同社によれば、不正利用された報告などは受けていないとしており、関係者に対して書面による謝罪など個別に対応を実施するとしている。

同社では従業員に対してファイル交換ソフトの利用を禁止し、社内でもインストールできないシステムを導入していたが、今回の事故を受け、自宅におけるファイル交換ソフトの使用禁止や業務情報の持ち出しがされていないかなど、社内教育を実施するという。

(Security NEXT - 2007/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表