Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、NACと互換を実現した「McAfee Total Protection for Enterprise 2.0」

マカフィーは、企業向け「McAfee Total Protection for Enterprise 2.0」を発表した。2月19日より販売を開始する。

同製品のコンポーネントである検疫ソリューション「McAfee Policy Enforcer 2.0.」では、CiscoのNACと互換性を確保。また「McAfee Virus Scan Enterprise 8.5i」と「McAfee AntiSpyware Enterprise 8.5」では、定義ファイルではなく、未知の攻撃を防止するビヘイビアベースの防御機能を強化したほか、ルートキット検知機能、マルウェアなどが防御機能を無効化しようと攻撃された場合に対抗する自己防衛機能が改善された。

McAfee ePolicy Orchestratorにより、各コンポーネントの集中管理を実現。ポリシーの一元管理やネットワーク内の状況に関するレポートなど提供する。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件