Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、NACと互換を実現した「McAfee Total Protection for Enterprise 2.0」

マカフィーは、企業向け「McAfee Total Protection for Enterprise 2.0」を発表した。2月19日より販売を開始する。

同製品のコンポーネントである検疫ソリューション「McAfee Policy Enforcer 2.0.」では、CiscoのNACと互換性を確保。また「McAfee Virus Scan Enterprise 8.5i」と「McAfee AntiSpyware Enterprise 8.5」では、定義ファイルではなく、未知の攻撃を防止するビヘイビアベースの防御機能を強化したほか、ルートキット検知機能、マルウェアなどが防御機能を無効化しようと攻撃された場合に対抗する自己防衛機能が改善された。

McAfee ePolicy Orchestratorにより、各コンポーネントの集中管理を実現。ポリシーの一元管理やネットワーク内の状況に関するレポートなど提供する。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正