Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セブン銀行コンビニATM強奪事件で個人情報は無事 - インク付着紙幣へ注意呼びかけ

セブン銀行は、コンビニエンスストアでATMが強奪され、現金が盗まれた事件を受け、インクが付着した紙幣を見つけたら警察へ届けるようアナウンスしている。

7日に栃木県市貝町のコンビニエンスストアでATMが強奪されたもの。同社では個人情報の流出は発生していないとしており、被害は現金だけだという。

強奪されたATMには、破壊するとインクが紙幣へ付着する装置が搭載されており、今回のケースでも同装置がの動作を確認したという。同行では、緑色のインクが付着した紙幣を見かけたら警察へ通報してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2006/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委