Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用金庫の信用情報で登録ミス314万人分

しんきん共同システム運営機構が登録した信用情報314万人分に入力ミスがあったことがわかった。

同機構では、全国の信用組合の信用情報に関する事務業務を受託しており、全国銀行個人信用情報センターへ情報を提供する際に誤った情報を提供したという。

誤登録は314万件にのぼり、各金融機関などが融資の際利用されるため、融資などに影響が出たケースもあったという。同機構ではプログラムをすでに修正しているという。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動
意図せず名簿をPDF化、メールに誤添付 - 都委託先
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府