Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DVD販売サイトが一時ウイルスの踏み台に

イーネット・ジャパンが運営するDVD販売サイト「DVDirect」が、一時ウイルスの踏み台になっていたことがわかった。

同社によれば、10月6日の正午から20時までのあいだ、DVDirectのトップページと同ページのDVDトップページに問題があり、その間に閲覧した場合、ウイルスに感染するおそれが発生していたという。

原因は、ウェブページを更新するパソコンにウイルスが感染したためで、同パソコンにて更新したウェブページが改ざんされたという。問題のページへアクセスすると、ウイルス配信サイトへ誘導される可能性があったという。同社では、6日20時に同社パソコンへの感染を発見されたのち、ウェブページを修正、正常な状態へ回復した。

感染のおそれがあるウイルスは、「Downloader」「Infostealer.Wowcraft.D」「Infostealer.Wowcraft.E」「PWSteal.Wowcraft.C」といったトロイの木馬の亜種と見られており、ゲームのIDなどを盗む可能性があるほか、亜種のため、他の挙動が発生する可能性も否定できないとしている。

同社では問題となる時間帯に上記ページを訪れた場合、対策を取るようにアナウンスしている。また、発表が遅れたことについて謝罪し、今後も詳細が判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート