Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報506件が院生のPCからShare流出 - 甲南大学

甲南大学は、一部履修者の個人情報506件がファイル交換ソフト「Share」を介してネット上に流出したと発表した。

流出したのは、2005年度の法学部情報処理クラスの履修者205名、および2005年度、2006年度の理学部情報システム工学科の履修者301名の個人情報。氏名、学籍番号、出欠記録などが含まれている。

文部科学省からの指摘により判明したもの。助手を務めた大学院生が、履修者情報を持ち出して自宅のパソコンで作業していたところ、ウイルスに感染したことによりShareを介して流出という。

該当する学生に対しては、謝罪の文書を送付した。また、同社では事件解明のため、外部専門家による調査を実施、文部科学省へ状況を報告したという。

(Security NEXT - 2006/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導