Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、Word 2000の脆弱性に対するアドバイザリを公開 - ゼロデイ攻撃も発生

マイクロソフトは、Word 2000にあらたな脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。同脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃も報告されているという。

今回報告された脆弱性は、不正な細工がされたWord文書ファイルを開くと任意のコードが実行されるというもの。同社では攻撃の回避策として、メールなどに添付された不審なWordファイルを閲覧する際には、この脆弱性の影響を受けない「Word Viewer 2003」を利用することを勧めている。

また、同社が提供する「Windows Live OnCare PC セーフティ」に、同脆弱性を悪用しようとする悪意あるソフトウェアの駆除機能を追加したとしている。

(Security NEXT - 2006/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS