Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ぐんま信金、顧客情報32件が記録されたFDを誤廃棄か

ぐんま信用金庫は、東前橋支店において、顧客32名分の個人情報が記録されたフロッピーディスク1枚を紛失した。誤廃棄の可能性が高いとしている。

所在不明となっているフロッピーディスクは、融資先企業の財務情報を一時的に記録するためのもので、関連する32名分の氏名、住所、生年月日などの個人情報が記録されていた。5月29日に自主点検を行った際、紛失していることが判明。捜索したが発見できず、外部に持ち出した形跡がなく、誤って破棄した可能性が高いとしている。

同金庫では、該当する顧客に対し個別に訪問して説明と謝罪をした。今後は記録媒体の管理方法を強化するとともに、暗号化ソフトの導入などを実施して個人情報の保護に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

投資主や名刺などの個人情報が流出した可能性 - ユナイテッド・アーバン投資法人
資産運用会社にサイバー攻撃、サーバが暗号化 - ユナイテッド・アーバン投資法人
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に