Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャパンシステム、ウェブサイトの脆弱性診断サービスを提供

ジャパンシステムは、ウェブサイトの脆弱性診断サービス「JapanSystems-SCAN」を8月21日より提供開始する。価格は50万円。

同サービスは、ソフトやハードウェアによる診断と専門家によるマニュアル診断を組み合わせたウェブサイト診断サービス。IPアドレス5つ以内、ウェブページ10ページ以内、入力フィールド25カ所以内を対象とし、インターネット経由で調査を実施。5営業日以内に診断を行い、個別に報告会を実施する。

(Security NEXT - 2006/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性