Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証によりなりすましを防止するタイムレコーダー「SecuTIME Station」

日本セキュアジェネレーションは、指紋認証システムを搭載したタイムレコーダー「SecuTIME Station」を8月1日より発売する。

同社では、ウェブベースの勤怠タイムレコーダーソフト「SecuTIME Keeper」のスタンドアロン版。指紋により本人を確認することで、なりすましなどを防止できるほか、ID、パスワード入力による認証も利用可能。

1000人までの指紋データを登録でき、打刻時間を本体内に記録したデータは、USB接続によりCSVファイル形式でPCへ出力できる。

(Security NEXT - 2006/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WPプラグイン「LayerSlider」に深刻な脆弱性 - 発見者は報奨金最高額を獲得
「MS Edge」にセキュリティ更新 - 独自の修正も実施
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
「Atermシリーズ」59製品に複数の脆弱性 - アップデートや移行などを
「Apache HTTPD」に複数の脆弱性 - アップデートを推奨
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、2名2団体を選出
CData製の複数データ連携ツールに脆弱性 - アップデートを
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超