Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、4月のトップ10ウイルスを発表 - ターゲットを絞ったトロイの木馬が増加

ソフォスは、2006年4月の「トップ10ウイルス」を発表した。

発表によれば、トップ10の上位はメール拡散型のウイルスが占めているものの、4月中に報告されたセキュリティ脅威の86%はトロイの木馬に関するものだったという。また、4月に使用されたメールのうち0.7%がウイルスメールだった。

同社によれば、セキュリティ脅威の主流は不特定多数を狙ったメール拡散型から、ターゲットを絞ったトロイの木馬に移行しつつあるという。また、全体の28%は情報や金銭の詐取を狙ったものだったという。

しかし一方、「Netsky-P」などメールで感染を拡げるウイルスも長期間に渡って上位にランクインしている。同社は、これらウイルスがまん延する原因をセキュリティ対策不足と指摘、対策の重要性を認識するよう注意を促している。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Nyxem-D
W32/MyDoom-AJ
W32/Netsky-D
W32/Mytob-FO
W32/Mytob-C
W32/Mytob-Z
W32/Dolebot-A
W32/Mytob-AS

(Security NEXT - 2006/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社