Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あいおい損保、関連会社保管の顧客情報を紛失

あいおい損害保険は、業務委託先である関連会社あいおい事務サービスにおいて、顧客情報7945件が記録されたCD-ROMの紛失が判明したと発表した。

保管を委託していたCD-ROMが所在不明となったもので、2005年12月中旬に整理を行った際、紛失が判明した。その後捜索を続けたが発見できず、同社に報告があったのは1月5日だという。

同CD-ROM内には、2005年5月分の自動車保険継続契約に関するデータ7945件分が記録されており、顧客の氏名、住所、電話番号、車種、登録番号、車台番号などが含まれていた。

同社では、該当する顧客に対し謝罪の文書を送付した。同社では再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2006/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性