Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、ウイルス感染により顧客情報がネット流出

富士通は、同社従業員が所有する私用パソコンがウイルスに感染し、問い合わせをした顧客1950名の個人情報がインターネット上に流出したと発表した。

同社コールセンターの従業員のパソコンから流出したもの。同社では、同コールセンターが保有するデータベースファイルであることを否定、業務のために従業員が個人的に作成されたファイルであるとしている。

同社によれば、流出した情報は、2003年4月から2004年8月までの間に、「富士通パーソナル製品に関するお問い合わせ窓口」へ問い合わせをした顧客1950名のカタカナ氏名、および電話番号など。

該当する顧客に対して個別に事実説明と謝罪をしたという。また、今後は顧客情報の持ち出し禁止をさらに強化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛