Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、ウイルス感染により顧客情報がネット流出

富士通は、同社従業員が所有する私用パソコンがウイルスに感染し、問い合わせをした顧客1950名の個人情報がインターネット上に流出したと発表した。

同社コールセンターの従業員のパソコンから流出したもの。同社では、同コールセンターが保有するデータベースファイルであることを否定、業務のために従業員が個人的に作成されたファイルであるとしている。

同社によれば、流出した情報は、2003年4月から2004年8月までの間に、「富士通パーソナル製品に関するお問い合わせ窓口」へ問い合わせをした顧客1950名のカタカナ氏名、および電話番号など。

該当する顧客に対して個別に事実説明と謝罪をしたという。また、今後は顧客情報の持ち出し禁止をさらに強化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か