Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち出し個人情報を健康ランドで紛失 - 佐賀県

佐賀県教育委員会は、9月23日に、教職員課の職員が、2006年度の教員採用試験受験者1606名分を含む、計3202件の個人情報が記録されたフラッシュメモリを紛失したと発表した。

紛失したフラッシュメモリには、教員採用試験受験者の個人情報1606件を含む、採用試験関係のデータが2961件、指導力不足と判定された教員に関する資料が192件、表彰受賞候補者などに関するデータが49件、計3202件の個人情報が記録されていた。

同発表によれば、職員は翌日にデータを利用するため、フラッシュメモリを持ち出したが、帰宅後、同メモリを鞄へ入れたまま佐賀市内の健康ランドへ行き、その際紛失したという。その後10月1日に紛失に気付いたが報告はせず、3日に同メモリを拾ったという匿名男性からの電話があって初めて判明した。

その後男性から2回連絡があり、6日に会うことなどを約束したが、それを最後に連絡は途絶えているという。同委員会は13日に紛失届を提出した。また関係者に対し、事故報告を兼ねた謝罪状を送付し、二次被害への注意を喚起するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力