Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カカクコム、不正アクセスによりサイトを一時閉鎖 - メールアドレスの流出も

カカクコムは、5月11日、同社が運営するサイトが不正アクセスを受け、メールアドレスが閲覧されたと発表した。14日よりセキュリティ対策を施すためサイトを一時閉鎖している。

同社によれば、何者かが不正アクセスによりプログラムを改ざんし、同サイトを閲覧したユーザーに無差別にウイルスソフトを送りつけたという。判明しているウィルスは「trojandownloader.small.AAO」および「PSW.Delf.FZ」の2種類で、アンチウイルスソフト「NOD32」にて対処できる。その他ウイルスベンダー各社にも対応を確認中だという。

また今回の不正アクセスにより、同社が保有するメールアドレスが閲覧された形跡が見つかった。詳細は調査中だとしながらも、アドレス以外の個人情報が閲覧された形跡はないとしている。同社では、事件発覚後ただちにセキュリティ委員会を設置し、各種専門家の協力を得て、原因究明と再発防止に向けて調査を実施しており、復旧時期は1週間後の予定だとしている。

(Security NEXT - 2005/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出