Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットマークス、情報流出時の追跡調査が可能なアプライアンスサーバを発売

ネットマークスは、ネットワーク上のPCの操作ログを収集、記録し、機密情報などが流出した場合の追跡調査を可能にする「監査証跡アプライアンスサーバー」2機種を発売する。

「SEER監査証跡アプライアンスサーバー」は、企業内のすべてのクライアントPCやサーバを対象としたもので、操作履歴や通信履歴、共有ファイルの利用履歴などのログを収集、保管し一元的に管理する。価格は、500ユーザーで1060万円。1000ユーザーで1560万円となっている。

「ESS REC監査証跡アプライアンスサーバー」は、顧客情報や機密情報などを保持する高セキュリティエリア内の機器を対象としたもので、操作画面の動画像やキーボード入力などを克明に記録する。また、操作記録を検索し、操作意図の確認や警告を行なうことができる。価格は、500万円から。

(Security NEXT - 2005/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性