Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとミントウェーブ、データの持ち出しを防ぐセキュリティソリューションを提供

日本ヒューレット・パッカードとミントウェーブは、機密情報の持ち出しを防ぎ、特にモバイル環境での安全性を高めたセキュリティソリューションの提供を開始した。

同ソリューションは、クライアントPCにアプリケーションやプログラムをインストールすることなく、アクセス権を与えられたユーザーだけが必要なファイルにアクセスできるシステム環境を提供するもの。これにより、ユーザーの文書保存、コピー・ペースト、プリントアウトなどを制限できる。

また、クライアントPC内のデータは電源を切った時点で消滅するため、PCの盗難や紛失による情報漏洩を防ぐことができる。

(Security NEXT - 2005/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし