Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、サーバへの不正投稿によりウイルスを会員へ配信

東京電力は、同社の光接続サービス「TEPCOひかり」が発行する「TEPCOひかりニュース」登録者の一部に、ウイルスが添付されたメールが配信されたことを明らかにした。

同社によれば、11月22日、同社のニュース配信サーバが、ウイルス感染ユーザーからと思われる不正なメール投稿を受け付けた。そのため、ニュース購読者の一部に対し、ウイルス「WORM_NETSKY.Q」が添付されたメールが配信されたという。

同社では再発防止策として、メール配信サーバのセキュリティ対策、およびメール配信時のチェック機能などの強化を、すでに実施したとしている。

(Security NEXT - 2004/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
文学館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 埼玉県
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
個人情報が流出、元旦に脅迫メール - リラクゼーション店
「Uber Eats」の注文受付メールを装うフィッシングに注意
土木防災情報システムのメールサーバに不正アクセス - 新潟県
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件