Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も

情報処理推進機構(IPA)は、システム開発における要件定義のノウハウをユーザー企業向けに解説した「ユーザーのための要件定義ガイド 第2版」を公開した。

同ガイドは、システム開発において業務部門のユーザー自身が要件を定義できるようノウハウを解説したもの。2017年3月に初版を発行している。

その後、ユーザー企業にヒアリングを重ね、プロジェクトの計画立案、スコープ管理、費用の見積もり、リスク管理など、要件定義におけるプロジェクトマネジメント上の問題も明らかとなったことから、あらたな解決策を盛り込んだ改訂版をリリースした。

具体的には、これらの問題を「要件定義問題カテゴリーマップ」として分類。要件定義の基本領域にくわえ、全体を包含する「要件定義マネジメント」の領域をあらたに追加した。各領域で直面する問題48項目と解決策を提示したほか、先行して取り組みを行った企業の成功事例26事例についても収録している。

同ガイドは、IPAのウェブサイトからダウンロードすることが可能。12月には書籍として刊行される予定。

(Security NEXT - 2019/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、IoTシステムにおけるセキュリティの一般的枠組を決定
CSAJ、製品サービスの仕様策定や出荷テストで利用できるチェックリスト
34%のサイトに致命的な欠陥 - 半数はカード番号を暗号化せず保存
IPA、「セキュア・プログラミング講座 C/C++言語編」を公開