Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版

カスペルスキーは、企業や自治体、重要インフラに対するサイバー攻撃への対応を学べるゲーム形式の演習サービス「Kaspersky Interactive Protection Simulation(KIPS)」にオンライン版を追加した。

「KIPS Online」は、サイバー攻撃を受けた企業や組織における運用上のリスクや、有効な対策をゲーム形式で学習できる演習サービス。従来よりボードゲームとオンラインアプリケーションを組み合わせた体験型の演習サービスとして展開してきたが、インターネット上で利用できるようになった。

参加者はグループごとに、条件や指示が書かれたカードと決められた予算、作業時間を使ってインシデントに対応し、生産高を競う。プレイ時間は約2時間で、ゲーム終了後は、攻撃者のシナリオと各グループの対応を比較することで、発生したインシデントについて理解を深める。

一般企業の業務用ITシステム、自治体のウェブポータル、浄水場の浄水プラント、発電所の複合型ガスタービン発電プラントを対象とした演習を用意。日本語にも対応している。

オンラインサービスは、集合型KIPSの利用ライセンスに含まれ、単独の提供は行わないという。KIPSの価格はオープン。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
産学共同で制御システム防御技術の実証実験 - テストベッド環境を活用
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
サイバー攻撃被害組織の2割強で顧客や収益が減少
標的型攻撃で狙われる「Active Directory」保護の対策資料 - 優先順位踏まえ具体的に解説