Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版

カスペルスキーは、企業や自治体、重要インフラに対するサイバー攻撃への対応を学べるゲーム形式の演習サービス「Kaspersky Interactive Protection Simulation(KIPS)」にオンライン版を追加した。

「KIPS Online」は、サイバー攻撃を受けた企業や組織における運用上のリスクや、有効な対策をゲーム形式で学習できる演習サービス。従来よりボードゲームとオンラインアプリケーションを組み合わせた体験型の演習サービスとして展開してきたが、インターネット上で利用できるようになった。

参加者はグループごとに、条件や指示が書かれたカードと決められた予算、作業時間を使ってインシデントに対応し、生産高を競う。プレイ時間は約2時間で、ゲーム終了後は、攻撃者のシナリオと各グループの対応を比較することで、発生したインシデントについて理解を深める。

一般企業の業務用ITシステム、自治体のウェブポータル、浄水場の浄水プラント、発電所の複合型ガスタービン発電プラントを対象とした演習を用意。日本語にも対応している。

オンラインサービスは、集合型KIPSの利用ライセンスに含まれ、単独の提供は行わないという。KIPSの価格はオープン。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説