Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版

カスペルスキーは、企業や自治体、重要インフラに対するサイバー攻撃への対応を学べるゲーム形式の演習サービス「Kaspersky Interactive Protection Simulation(KIPS)」にオンライン版を追加した。

「KIPS Online」は、サイバー攻撃を受けた企業や組織における運用上のリスクや、有効な対策をゲーム形式で学習できる演習サービス。従来よりボードゲームとオンラインアプリケーションを組み合わせた体験型の演習サービスとして展開してきたが、インターネット上で利用できるようになった。

参加者はグループごとに、条件や指示が書かれたカードと決められた予算、作業時間を使ってインシデントに対応し、生産高を競う。プレイ時間は約2時間で、ゲーム終了後は、攻撃者のシナリオと各グループの対応を比較することで、発生したインシデントについて理解を深める。

一般企業の業務用ITシステム、自治体のウェブポータル、浄水場の浄水プラント、発電所の複合型ガスタービン発電プラントを対象とした演習を用意。日本語にも対応している。

オンラインサービスは、集合型KIPSの利用ライセンスに含まれ、単独の提供は行わないという。KIPSの価格はオープン。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い