Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、個人データ漏洩時の対応方法示す - パブコメに117件の意見

個人情報保護委員会は、個人データの漏洩や滅失、それら可能性が生じた際に事業者に求められる対応を、パブリックコメントを経て決定した。のべ117件の意見が寄せられたという。

個人情報保護ガイドラインでは、個人データに関する事件や事故に関し、事業者が講じるべき措置について別途定めるとしていたことから、同委員会では、パブリックコメント案を決定。2016年12月8日から2017年1月6日まで意見を募集していた。

パブリックコメント期間中、33の個人や団体からのべ117件の意見が寄せられたという。同委員会では寄せられた意見を踏まえたうえで、「個人データの漏えい等の事案が発生した場合等の対応について」を策定した。

意見に対する同委員会の考え方を示したほか、あわせて今回決定した「個人データの漏えい等の事案が発生した場合等の対応について」に関するQ&Aを公開。いずれも改正個人情報保護法の全面施行日である5月30日から施行となる。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ