Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、個人データ漏洩時の対応方法示す - パブコメに117件の意見

個人情報保護委員会は、個人データの漏洩や滅失、それら可能性が生じた際に事業者に求められる対応を、パブリックコメントを経て決定した。のべ117件の意見が寄せられたという。

個人情報保護ガイドラインでは、個人データに関する事件や事故に関し、事業者が講じるべき措置について別途定めるとしていたことから、同委員会では、パブリックコメント案を決定。2016年12月8日から2017年1月6日まで意見を募集していた。

パブリックコメント期間中、33の個人や団体からのべ117件の意見が寄せられたという。同委員会では寄せられた意見を踏まえたうえで、「個人データの漏えい等の事案が発生した場合等の対応について」を策定した。

意見に対する同委員会の考え方を示したほか、あわせて今回決定した「個人データの漏えい等の事案が発生した場合等の対応について」に関するQ&Aを公開。いずれも改正個人情報保護法の全面施行日である5月30日から施行となる。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」