Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を修正した「WordPress 4.7.1」 - 「PHPMailer」の更新も

WordPressの開発グループは、複数のセキュリティに関する問題へ対処した「同4.7.1」をリリースした。すべての利用者に対して、早急にアップデートするよう強く推奨している。

今回のアップデートは、「同4.7」において判明した8件のセキュリティに関する問題へ対処したもの。2件の「クロスサイトスクリプティング(XSS)」に関する脆弱性を解消。

Flashファイルをアップロードした際やウィジェット編集モードにおける「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性のほか、「REST API」で投稿を行ったユーザーの情報が参照できる問題などを修正した。

さらにリモートよりコードが実行されるおそれがある「PHPMailer」の脆弱性に対処。すでにWordPressや著名なプラグインは影響を受けないことが判明しているが、脆弱性を解消した「PHPMailer」へと更新した。

また同アップデートではセキュリティ以外に関しても62件のバグを修正したという。さらに開発グループは、「同4.7.1」とあわせて「同4.6.2」をリリース。「REST API」に関する脆弱性を除く「同4.7.1」で対処した7件の問題へ対応している。

(Security NEXT - 2017/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ