Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を修正した「WordPress 4.7.1」 - 「PHPMailer」の更新も

WordPressの開発グループは、複数のセキュリティに関する問題へ対処した「同4.7.1」をリリースした。すべての利用者に対して、早急にアップデートするよう強く推奨している。

今回のアップデートは、「同4.7」において判明した8件のセキュリティに関する問題へ対処したもの。2件の「クロスサイトスクリプティング(XSS)」に関する脆弱性を解消。

Flashファイルをアップロードした際やウィジェット編集モードにおける「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性のほか、「REST API」で投稿を行ったユーザーの情報が参照できる問題などを修正した。

さらにリモートよりコードが実行されるおそれがある「PHPMailer」の脆弱性に対処。すでにWordPressや著名なプラグインは影響を受けないことが判明しているが、脆弱性を解消した「PHPMailer」へと更新した。

また同アップデートではセキュリティ以外に関しても62件のバグを修正したという。さらに開発グループは、「同4.7.1」とあわせて「同4.6.2」をリリース。「REST API」に関する脆弱性を除く「同4.7.1」で対処した7件の問題へ対応している。

(Security NEXT - 2017/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性