Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善

5人に1人が個人情報の漏洩に対して不安を感じているとの調査結果をセコムが取りまとめた。

同社が日本人における不安意識について、12月9日から11日にかけてインターネットでアンケート調査を実施したもの。20歳以上の500人が回答した。

最近、何かに不安を感じているか尋ねたところ、72.6%が不安を感じていると回答した。「老後の生活や年金」が72.7%で最多。「健康」が64.7%、「地震」が53.2%で続く。

一方「犯罪」は29.5%で前年の31.7%から微減。「個人情報の漏洩」に関しては、28%から19%へと9ポイント改善した。

(Security NEXT - 2016/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に