Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善

5人に1人が個人情報の漏洩に対して不安を感じているとの調査結果をセコムが取りまとめた。

同社が日本人における不安意識について、12月9日から11日にかけてインターネットでアンケート調査を実施したもの。20歳以上の500人が回答した。

最近、何かに不安を感じているか尋ねたところ、72.6%が不安を感じていると回答した。「老後の生活や年金」が72.7%で最多。「健康」が64.7%、「地震」が53.2%で続く。

一方「犯罪」は29.5%で前年の31.7%から微減。「個人情報の漏洩」に関しては、28%から19%へと9ポイント改善した。

(Security NEXT - 2016/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
2016年2Qの脆弱性届出は230件 - ウェブサイト関連が増加
国内モバイルセキュリティの市場規模は56億円 - 2020年には約2倍に
2016年3Qの脆弱性登録は1738件 - 製品別では「Android」が最多
2016年度上半期、マイナンバー漏洩事故は66件 - 「重大事態」2件
Pマーク事業者に関する苦情や相談、2015年度は329件
2015年2Qの脆弱性登録件数は1479件 - 2カ月連続で減少
1年間に38.5%で実被害ともなうインシデント - 平均年間被害額は2.1億円
6割弱がクレカ積極利用の意向なし - 盗難や情報漏洩を懸念
2016年2Qの脆弱性登録は1762件 - 累計6万件突破