Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先情報など含む記録媒体が一時所在不明に - Minoriソリューションズ

Minoriソリューションズは、取引先の法人情報や同社の従業員情報などを含む記録媒体が、輸送中に所在不明になったことを公表した。運送会社の営業所内で拾得物として保管されており、13日後に回収したという。

同社によれば、10月27日に本社から大阪支社へ輸送した記録媒体が所在不明になったもの。記録媒体を鍵付きの輸送用ケースに収納したうえで運送会社が輸送したが、翌28日に大阪支社で受け取り開錠したところ、ケースに入っていないことが判明した。

輸送中に所在不明となった記録媒体には、同社の従業員と退職者2031人の氏名と連絡先、生年月日のほか、取引先企業の所在地や連絡先など2210件が保存されていた。特殊な方法で記録されており、データの読み取りには専用の機器が必要であると説明している。

問題の記録媒体は、11月10日に運送会社の営業所内で発見され、同日中に回収。記録媒体は、10月27日21時から回収されるまでの間、運送会社内で拾得物として保管されていたという。情報の外部流出や不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

台風被害で小学校で指導要録が流出 - 大郷町
ラブホテル検索サービスに不正アクセス - PW流出か
関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市