Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」

サイバートラストとインタープランは協業し、ビーコンの信号に電子署名を付加する「トラステッドビーコン」を提供する。

同ソリューションは、ビーコンの信号における真偽を確認できるもの。ビーコンの信号へ電子署名を付加し、アプリケーションで検証することにより、なりすましや改ざんされた不正な通信を排除できる。電子署名の失効情報はサイバートラストのセキュアIoTプラットフォーム認証局が管理する。

両社は、今回のソリューションによりビーコンのセキュリティレベルを向上できるとし、社会インフラの位置測位の自働化、輸送機器の精密誘導などをはじめ、IoT機器の普及に向けて展開していく。

20160526_ct_001.jpg
「トラステッドビーコン」の利用イメージ(画像:サイバートラスト)

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
日本ラッド、ルネサス製セキュアマイコンのミドルウェアを開発
パロアルト、「Traps」を機能強化 - 静的解析機能や隔離機能を追加
管理者権限なしで特定アプリのみインストールを許可するツール
EMC、リスクベース認証製品に新版 - スマホから不正送金を拒否可能に
CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供