Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童情報含む学校情報配信システム登録用紙が所在不明に - 中野区

東京都中野区の小学校において、児童の個人情報が記載された「学校情報配信システム登録用紙」84枚が、所在不明になっていることが明らかになった。

所在がわからなくなっているのは、4月6日に保護者が学校へ提出した「学校情報配信システム登録用紙」84枚。

緊急情報や学校行事に関する情報などを保護者に配信するシステムに登録するための書類で、児童の氏名や学校名、学年、電話番号、メールアドレスなどを記載して保護者が提出。学校が教育委員会へ送付する。

同区教委に送付期限を過ぎても届いていないため、4月21日に同校へ連絡したことにより紛失が発覚した。同校では対象となる児童の保護者に電話による説明を行うとともに、説明会を開催している。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市