Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童情報含む学校情報配信システム登録用紙が所在不明に - 中野区

東京都中野区の小学校において、児童の個人情報が記載された「学校情報配信システム登録用紙」84枚が、所在不明になっていることが明らかになった。

所在がわからなくなっているのは、4月6日に保護者が学校へ提出した「学校情報配信システム登録用紙」84枚。

緊急情報や学校行事に関する情報などを保護者に配信するシステムに登録するための書類で、児童の氏名や学校名、学年、電話番号、メールアドレスなどを記載して保護者が提出。学校が教育委員会へ送付する。

同区教委に送付期限を過ぎても届いていないため、4月21日に同校へ連絡したことにより紛失が発覚した。同校では対象となる児童の保護者に電話による説明を行うとともに、説明会を開催している。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で身体測定の記録票を紛失 - 高松市
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
メール誤送信で教員採用選考合格者のメアド流出 - 大阪府
中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市
小学校で児童の学力調査票を紛失 - 熊本市
小学校で児童の指導資料が所在不明に - 神戸市
個人情報含むメールを県内校へ誤送信 - 宮城県