Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JTE、制御システムのセキュリティ診断サービスを開始

ジェイティエンジニアリングは、制御システムにおけるセキュリティマネジメントの状況を診断するサービスを開始した。

同サービスでは、国際標準である「IEC 62443-2-1」がベースとなっているサイバーセキュリティマネジメントシステム(CSMS)の要求事項をベースにセキュリティ診断を行うもの。診断にあたっては、訪問して現場の視察およびヒアリングを実施。再度訪問し、診断結果を報告、改善策を提案するという。

料金は、簡易診断が10万円、充実診断が20万円となる予定だが、サービス開始当初はキャンペーンとして簡易診断を無料で提供する。キャンペーン期間は、3カ月程度となる見込みだが、申し込み状況などにより、期間や料金などについて見直しを行う可能性があるとしている。

同社では今回のサービスを通じ、CSMS認証の認知度を向上させたいとしており、別途提供しているCSMS認証の取得支援サービスやセキュリティ製品の販売促進などの需要についても見込んでいる。

(Security NEXT - 2015/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に