Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JTE、制御システムのセキュリティ診断サービスを開始

ジェイティエンジニアリングは、制御システムにおけるセキュリティマネジメントの状況を診断するサービスを開始した。

同サービスでは、国際標準である「IEC 62443-2-1」がベースとなっているサイバーセキュリティマネジメントシステム(CSMS)の要求事項をベースにセキュリティ診断を行うもの。診断にあたっては、訪問して現場の視察およびヒアリングを実施。再度訪問し、診断結果を報告、改善策を提案するという。

料金は、簡易診断が10万円、充実診断が20万円となる予定だが、サービス開始当初はキャンペーンとして簡易診断を無料で提供する。キャンペーン期間は、3カ月程度となる見込みだが、申し込み状況などにより、期間や料金などについて見直しを行う可能性があるとしている。

同社では今回のサービスを通じ、CSMS認証の認知度を向上させたいとしており、別途提供しているCSMS認証の取得支援サービスやセキュリティ製品の販売促進などの需要についても見込んでいる。

(Security NEXT - 2015/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA