Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人のWindows XP、2013年末で617万台 - 2014年6月末には241万台に

IDC Japanは、国内クライアントパソコン市場における「Windows XP」搭載PCの稼働台数の実績と予測を発表した。

同社では、企業や家庭などで利用可能なパソコンを、出荷と廃棄された台数から算出。「稼動台数」として、Windows XP搭載PCの稼動台数を調査した。

20140408_ij_001.jpg
国内クライントPC法人市場におけるOS別稼働台数の予測(グラフ:IDC Japan)

2013年12月末時点では、法人において617万台が稼働。これは、法人市場全体の17.1%にあたる。2013年10月に予測した724万台(20.2%)を107万台下回った。

予想より移行が進んでいる状況について、サポート終了の告知が浸透し、法人市場で買い替えが順調に進んだ結果であると分析。2014年に入ってからも買い替えは進むと見ており、2014年6月末には全体の6.6%にあたる241万台まで減少すると分析している。

一方、家庭におけるWindows XP端末の稼動台数は、2013年12月末の時点で610万台(14.8%)。2014年6月末には、351万台(8.7%)まで減少する見込み。

同社では、予測よりより早く買い換えが進んでいるものの、4月9日のサポート終了後より、Windows XPを狙った攻撃が増加する可能性もあると指摘。移行を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2020年における企業の「Windows 10」比率は約5割 - IDC Japan予測
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%