Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでサイト改ざん、閲覧によりウイルス感染の可能性 - KADOKAWA

KADOKAWAは、同社ウェブサイトが改ざんされたことを明らかにした。閲覧者にウイルス感染のおそれがある。

20140116ka_001.jpg
改ざん被害が発生したKADOKAWAのウェブサイト

同社によれば、外部より不正アクセスを受け、1月7日0時半過ぎから翌1月8日13時過ぎにかけて、同社サイトの一部ファイルが改ざんされた状態に陥ったという。

期間中にサイトを閲覧すると、「Java」や「Adobe Flash Player」「Microsoft XMLコアサービス」における既知の脆弱性が攻撃を受け、トロイの木馬「Infostealer.Torpplar」に感染するおそれがあった。同マルウェアに感染すると、金融機関のオンラインバンキングやウェブメールなど特定のサービスを利用した際に、情報を窃取される可能性がある。

同社では改ざん判明後、問題のファイルについて削除や修正を実施。またセキュリティを強化しており、すでに作業を完了しているという。

また今回の不正アクセスについて警察へ被害を相談しており、不正アクセスの手段や犯人については調査中であるとする一方、不正アクセスを受けたサーバ経由の個人情報流出については否定した。

期間中にサイトを閲覧した心当たりがある利用者に対しては、セキュリティ対策ソフトなどを利用し、ウイルスへ感染していないか確認するようアナウンスを実施している。

(Security NEXT - 2014/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
救急医療機関の情報サイトが改ざん被害、公開を停止 - 鳥取県
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス