Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県中小企業振興センターのサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

福岡県中小企業振興センターのウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされ、閲覧者がウイルス感染被害を受ける可能性があったことがわかった。

8月15日18時から20日21時ごろにかけてウェブサイトが改ざんされた状態に陥り、この間にサイトにアクセスした場合、外部サイトへ誘導され、ウイルスに感染するおそれがあった。同サイトは個人情報を保有しておらず、情報流出のおそれはないとしている。

ウェブサイトは21日16時に復旧したが、詳しい原因について調査を進めている。また同センターでは、改ざん期間中にアクセスした利用者に対し、ウイルス感染の有無をチェックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響
ライブハウスのサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
サイト改ざん、入力内容確認ページなどから不正サイトに誘導 - 着物レンタル会社
掃除用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明