Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含む出席簿4冊が所在不明に - 広島県の特別支援学校

広島県立廿日市特別支援学校において、生徒21人の個人情報が記載された出席簿が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、高等部1年1組から4組の出席簿4冊。生徒21人の氏名および出席状況が記載されていた。3月1日、教員が出席簿を校長に提出するためまとめて自分の机に置いて帰宅。4日に登校した際、出席簿がなくなっていた。

同教員はその後7日に出席簿の紛失を報告。校内を捜索したが発見できなかった。同校では対象となる生徒の保護者に個別に謝罪。また保護者会を開催し、あらためて説明と謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2013/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
中学校2校で生徒の画像含むカメラの紛失が発生 - 仙台市
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市