Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニ、不正アクセスによる顧客情報流出を確認 - ネットショップ終了へ

スクウェア・エニックスのオンラインショップが、9月に不正アクセスを受けた問題で、顧客情報が外部へ流出していたことがわかった。同社では今回の事態を受け、同ショップを閉鎖した。

今回の問題は、同社のキャラクターグッズなどを扱う公式オンライン販売サイト「スクウェア・エニックスオフィシャルグッズオンラインショップ」のサーバが外部より攻撃を受けたもの。

同社は、9月13日に問題のサーバが不正アクセス可能な状態であることが判明したとして、同日に事態を公表し、サービスを停止。当初、顧客情報が漏洩した形跡は見つかっていないとしていたが、その後の調査により、窃取された形跡が確認された。

流出が確認されたのは、顧客の氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレスといった個人情報。クレジットカード番号については、不正アクセスが可能な状態だったが、漏洩した痕跡はないとしている。

同社では今回の事態を重く受けとめ、同オンラインショップを閉鎖。今後のグッズ販売については、同社のゲームや書籍などを扱っている「スクウェア・エニックスe-STORE」にて取り扱う。

(Security NEXT - 2012/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
「FF14」にDDoS攻撃 - 断続的なネットワーク障害が発生
フィッシング報告件数が前月の4分の1へ大幅減 - ユニークURL件数も3分の1以下に
「ドラクエX」のフィッシングメールが発生 - 偽サイトも稼働中
「ドラクエX」のチート行為で処分 - 「情報拡散も重大な問題」
ゲームサイト「GAMECITY」を装うフィッシング
スクエニ騙るフィッシングが再発 - 「無視すると永久閉鎖」と不安煽るも不自然な文章