Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1カ月後に迫る「Windows XP SP2」と「Windows 2000」のサポート終了

「Windows XP SP2」や「Windows 2000」のサポート終了時期が、約1カ月後と目の前に迫っている。従来より注意喚起を実施してきたマイクロソフトでは、影響を受けるユーザーへOS環境の移行を引き続き呼びかけている。

いずれのOSもサポート終了日は米国時間7月13日。同日を最後に翌日以降は脆弱性が発見された場合も、セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる。

利用者の多い「Windows XP」については、2009年にメインストリームサポートをすでに終了している。現在は延長サポート期間となっており、最新のサービスパック「Windows XP SP3」へアップデートすることで、2014年までサポートを受けることができる。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
紛失盗難PCのネット転売を監視するサービス - クロスワープ