Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1カ月後に迫る「Windows XP SP2」と「Windows 2000」のサポート終了

「Windows XP SP2」や「Windows 2000」のサポート終了時期が、約1カ月後と目の前に迫っている。従来より注意喚起を実施してきたマイクロソフトでは、影響を受けるユーザーへOS環境の移行を引き続き呼びかけている。

いずれのOSもサポート終了日は米国時間7月13日。同日を最後に翌日以降は脆弱性が発見された場合も、セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる。

利用者の多い「Windows XP」については、2009年にメインストリームサポートをすでに終了している。現在は延長サポート期間となっており、最新のサービスパック「Windows XP SP3」へアップデートすることで、2014年までサポートを受けることができる。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
不正アクセス受けたECサイトが終了 - 再開目指すも抜本的見直し必要で断念
「Drupal」にXSS脆弱性、アップデートが公開 - 「同8.5.x」はEOLにも注意を
小学校で児童の学力調査票を紛失 - 熊本市