Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今月4件目の「Chromium」ゼロデイ脆弱性を悪用リストに追加 - 米当局

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は現地時間5月28日、「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に「Chromium」の脆弱性1件を追加した。

スクリプトエンジン「V8」に判明した型の取り違えの脆弱性「CVE-2024-5274」を追加したもの。すでに「Chrome」や「Microsoft Edge」などで修正が実施されている。

「Chromium」に関しては、同脆弱性をはじめ、「CVE-2024-4671」「CVE-2024-4761」「CVE-2024-4947」など5月に入ってから4件のゼロデイ脆弱性が明らかとなっており、いずれも同リストに追加された。

「Chrome」や「Microsoft Edge」以外にも、「Opera」「Vivaldi」「Brave」をはじめ、「Chromium」をベースに開発されているブラウザは多岐にわたる。

派生ブラウザを利用している場合も、脆弱性の影響を確認し、必要に応じてアップデートを講じる必要がある。

(Security NEXT - 2024/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを