Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vSphere Replication」にコマンドインジェクションの脆弱性

VMwareは、「vSphere Replication」に脆弱性が明らかとなった。アップデートを提供している。

開始時の設定ページにコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-21976」が判明したもの。非公開で報告を受けた。同脆弱性の悪用には同製品の管理者権限が必要となるが、同製品が動作するシステム権限でシェルコマンドを実行されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のベーススコアは「7.2」で、重要度は「重要(Important)」とレーティングされている。

同社は脆弱性を解消した「同8.3.1.2」「同8.2.1.1」「同8.1.2.3」「同6.5.1.5」をリリース。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開