Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大

大阪工業大学は、学生の個人情報が保存されたUSBメモリを、教員が紛失したことを明らかにした。

同大によれば、教員が個人で所有するUSBメモリが所在不明になっているもの。問題のUSBメモリには、2016年度から2017年度に同教員が担当した授業の履修者1070人分の氏名や学生番号、出欠情報のほか、一部科目の成績評価などが保存されていた。成績のみパスワードを設定していたという。

1月23日に教員が出勤した際、紛失に気付いた。前日に大学のパソコンで資料を作成する際にUSBメモリを接続したが、その後の所在がわかっていない。

同大では、対象となる学生に事情を説明し、謝罪。対象となる学生の保証人には、説明と謝罪の書面を送付した。またUSBメモリへ個人情報を保存する行為を全面禁止し、学内のファイルサーバーを利用するよう周知徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2018/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因