Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」

男子中学生の4人に1人、男子高校生の5人に1人が、将来なりたい職業に「ITエンジニア、プログラマー」を挙げていることがわかった。

ソニー生命保険が、3月21日から27日にかけて、全国の中高生を対象にインターネット調査を実施したもの。有効回答数は中学生200人、高校生800人。

将来なりたい職業を3つまで回答してもらったところ、男子中学生の24%が「ITエンジニア、プログラマー」と回答し、もっとも多かった。「ゲームクリエイター(20%)」「YouTuberなどの動画投稿者(17%)」と続く。一方女子は「芸能人(19%)」や「絵を描く職業(14%)」が上位となった。

男子高校生のなりたい職業トップも、中学生と同様に「ITエンジニア、プログラマー」で、20.8%が選んだ。次いで「ものづくりエンジニア(13.3%)」「ゲームクリエイター(12.5%)」だった。中学生で3位だった「YouTuber」は10位。女子は「公務員(18.8%)」や「看護師(12.8%)」が目立っており、中学生で1位だった「芸能人」は3位だった。

20171005_sl_001.jpg
高校生の将来なりたい職業(表:ソニー生命)

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、若年層支援「すごうで 2015」の対象者を決定
IPA、「セキュア・プログラミング講座 C/C++言語編」を公開