Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPとサイバートラスト、オンライン本人確認サービスの利用促進で協業

大日本印刷(DNP)とサイバートラストは、マイナンバーカードを利用した公的個人認証サービスを活用した本人確認事業で協業した。

本人希望により、マイナンバーカード申請時のICカード内に公的個人認証サービスの電子証明書が格納されるが、今回の協業により、同証明書を用いた本人確認サービスを展開するもの。おもに金融分野やeコマース分野への導入を目指す。

サイバートラストのオンライン本人確認プラットフォームサービスでは、個人番号カード内に格納された公的個人認証サービスの電子証明書を使用。本人確認機能や住所確認機能、年齢確認機能、生存確認機能、電子会員証発行機能などを提供する。

同サービスとDNPが提供する本人確認サービスを利用することで、企業は個々にシステムを開発、運用することなく、電子的な本人確認サービスを導入できるとしている。

(Security NEXT - 2016/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
マイナンバーカード管理システムで一時障害 - 一部カード交付業務に影響
特定個人情報の取扱状況の報告義務について意見募集を開始 - 個人情報保護委員会
事故の前に対策を - マイナンバーの「ヒヤリハット」
マイナンバーシステムで障害 - 一部自治体で個人番号カード交付できず
マイナンバーカード裏面のQRコードから個人番号が漏洩 - 取り扱いに注意を
個人番号カードのアプリ搭載に関するセキュリティ基準でパブコメ
個人番号カード発行管理システムの障害原因を公表 - 公共団体情報システム機構
マイナンバー制度に8割超が不安 - 「期待」は4割届かず
「マイナンバー占い」にご用心 - 個人番号うっかり入力に注意を