Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベネッセの委託先コールセンターから顧客情報が流出 - 書き写して持出

ベネッセコーポレーションの委託先コールセンターから、顧客情報が紙に書き写され、不正に持ち出されていたことがわかった。

トランスコスモスの契約社員が同社コールセンターより、ベネッセの顧客に関する個人情報23人分を外部へ不正に持ち出していた可能性があることが判明したもの。

持ち出していたと見られる元契約社員は、カスタマーサポートの電話オペレーターで、2014年2月より勤務。別件で逮捕され、警察が捜査を進める過程で私物スマートフォンから個人情報が見つかり、1月下旬に同社へ連絡が入ったという。同社は1月28日付けで同契約社員を解雇した。

2014年3月ごろから8月ごろにかけて、氏名の一部、電話番号のほか、住所や生年月日、所属先など個人情報23件を紙に書き写して持ち出し、スマートフォンに登録していたという。第三者への提供や二次被害は確認されていないという。ベネッセコーポレーションやトランスコスモスでは、関連する顧客へ謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2015/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
ベネッセ、個人情報保護の改善報告書を経産省に提出
ベネッセHD、「情報セキュリティ監視委員会」を設置
ベネッセ、売却対象となった個人情報はのべ約2億1639万件
経産省、個人情報保護法違反でベネッセに勧告
売却されたベネッセ顧客情報は約3504万件 - コピー禁止が新型スマホで機能せず
子どもや保護者の個人情報約760万件の漏洩を確認、最大2070万件 - ベネッセ
ベネッセの委託先元従業員が起訴 - ベネッセ「進展見守っている」
ジャストシステム、名簿業者から購入したベネッセ顧客リストを削除
ジャストシステム、出所不明名簿257万件の購入認める - 「道義的責任から全データ削除する」